診断に時間がかかった前立腺がんの男性の語り(19分40秒)

動画はサンプル用で内容は一部のみとなります。最後までご覧になるためには、正会員登録をお願いします。

前立腺がんインタビュー02

診断時:57歳

インタビュー時:60歳(2008年02月)

診断当時は、企業の管理職として多忙な日々を送っていた。妻との間に子どもが3人。首都圏在住。吐き気、足のしびれ、腰痛など、2年近く体調不良を訴えて複数の医療機関を受診したが診断がつかず、2005年にようやく前立腺がん(ステージIV)の診断を受けた。ホルモン療法にて体調が改善したが、2年余りで再びPSA数値が上昇しつつある。

授業で活用する際のヒント:DFDFDFDFDFこれから作成

授業での活用例①

テーマ:若年でがんの診断を受ける不安

授業の進め方:この語りをどのように受け止め(気づいたことは何か、どのように感じたか)、どのような学びがあったかなどを語り合い、紹介し合う