若年性認知症 A:本人の語り(10分21秒)

動画はサンプル用で内容は一部のみとなります。最後までご覧になるためには、正会員登録をお願いします。

認知症インタビュー本人04

診断時:57歳

インタビュー時:61歳(2010年07月)

妻と2人暮らし。2004年頃、新しい職場に配属されストレスから不眠になり、メンタルクリニックを受診、うつ病と診断される。休職後職場復帰するが、仕事に支障が出て大学病院を受診。2006年に若年性アルツハイマー型認知症と診断される。診断6カ月後、36年勤めた市役所を退職。診断3年半後、有料老人ホームで介護の手伝いをすることになる。利用者の喜ぶ顔が励み。これからも何らかの形で人の役に立ちたいと思っている。