若年性認知症 B:家族(妻)の語り(17分48秒)

動画はサンプル用で内容は一部のみとなります。最後までご覧になるためには、正会員登録をお願いします。

認知症インタビュー介護者05

診断時:47歳

インタビュー時:51歳(2010年07月)

2006年に夫が若年性アルツハイマー型認知症と診断を受ける。夫婦2人暮らし。介護者は自宅介護をする傍ら、週の半分は家族の会の電話相談や講演活動を行う。夫は発病後、週3回有料老人ホームで入浴介助などの介護の仕事をしており、やりがいを感じ、利用者に必要とされていることを喜んでいる様子から、有り難い仕事を与えてもらったと嬉しく思っている。現在、介護に関する公的サービスは利用していない。